ヘボット

最近はこれが1番の楽しみだった

「今週はいったい何が飛び出すんだろう…?」

アニメを観るのにこんなにワクワクしたのは久しぶりだった

楽しいアニメだった

 

 

 

 

 

 

 

 

やりたいことをやっただけの自己満足アニメだったのだろうか?というか、それは悪いことなのだろうか?映像作家が自分がイイ!と思う画を撮ろうとするのは普通のことではないのか?

 

ヘボットは、滅茶苦茶なネタの集積のように見えて、実は特有の美意識に貫かれていた。ヘボットなりのグルーヴ感があった。石平調とでも言うべきものがあった。今はうまく言語化できないが…。それは俺が今まで観たことがないものだった。

 

俺は完成度を確かめるようなアニメ鑑賞ができない。今まで観たことがないようなものが観たい。

 

未視聴感を感じさせる作品は超越しようとする運動が内在している。超越は時代の歩調を認識して追い越さなければできない。そこには時代を追い越す時の風通しの良さと、視聴者の先を走り魅了するキャラクターの愛らしさがある。パンダコパンダアルプスの少女ハイジ哀しみのベラドンナ、戦闘メカザブングル、お父さんは心配性、大日本天狗党絵詞マインド・ゲームディスコ探偵水曜日おそ松さん…。このへんのキャラクターは作り手のことなんておかまいなしに自分の足取りで勝手にどこかへ行ってしまいそうな感じがある。ヘボットもそういう作品だった。